heyheyhのブログ

2017年11月23日

「ローガン・ラッキー」未公開シーン映像入手!オラつきクレイグが“仕事の流儀”披露

2013年の映画監督引退宣言を撤回し、スティーブン・ソダーバーグ監督が4年ぶりに手がけた長編映画「ローガン・ラッキー」(公開中)の未公開シーンを含む特別映像が、公開された。
ドリーム DVD

不運続きのジミー(チャニング・テイタム)とクライド(アダム・ドライバー)のローガン兄弟が、“爆破職人”でもある囚人ジョー(ダニエル・クレイグ)を脱獄させ、全米最大のカーレースの売上金を盗み出そうとするさまを描くクライム・エンターテインメントアトミックブロンド DVD。上記キャストに加え、ライリー・キーオ、セス・マクファーレン、ケイティ・ホームズ、キャサリン・ウォーターストン、ヒラリー・スワンクら実力派スターが結集した。

公開されたのは、ローガン兄弟が刑務所にジョーを訪ねるシーン。ゆで卵を食べつつ兄弟の話を聞いていたジョーは、「俺は仕事を請ける前に、爆弾を作るのと同じ要領で検討するマイティソー バトルロイヤル DVD。“正”対“負”だ」と切り出し、「少しの“正”と少しの“負”を混ぜると、反応が起こる。反応によって生じた力は、急速に離れていく。何かにぶち当たるまでな」と独自の“流儀”を語る。

ジョーの演説は止まらず、「だから常に“正”が“負”を上回る必要がある。そうでなきゃさっさと手を引く。今回みたいな仕事は、“正”と“負”を慎重に比較しないとな」とローガン兄弟に語りかけ、計画を事細かに“正”と“負”に区別し始めるジグソウ ソウレガシー DVD。映像の最後は、しびれを切らし、「やってくれるのか?」と聞いたジミーに向かって、ジョーが「俺をここから出すのはどっちだ?」とにやりと笑うシーンで幕を閉じる。

ジョーの独壇場といえるシーンだが、クレイグが「007」シリーズのジェームズ・ボンドとはまるで正反対のキャラクターになりきり、肩をいからせて大げさなジェスチャーをまじえつつ、頭脳明せきでもある濃いキャラクターを生き生きと演じている。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 17:04Comments(0)

2017年11月20日

ディズニー実写版「ピノキオ」からサム・メンデス監督離脱

「007 スカイフォール」「007 スペクター」のサム・メンデス監督が、米ウォルト・ディズニー・スタジオが準備中の実写映画版「ピノキオ」から離脱したことが明らかになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。
ジグソウ ソウレガシー DVD

同作は1940年公開のディズニーアニメ「ピノキオ」を実写映画化する企画で、「シンデレラ」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のクリス・ワイツが脚本を執筆しているアトミックブロンド DVD。メンデス監督は同企画に今春から参加し、自身の製作会社Depth of Fieldを通じてプロデュースを行う予定だったが、すでに同企画にはかかわっていないという。
ジグソウ ソウレガシー DVD

実は、メンデス監督は米ウォルト・ディズニーが準備を進める実写映画版「ジャイアント・ピーチ」からも降板しているため、米ウォルト・ディズニー・スタジオが進める実写映画企画を降りるのは2度目になるマイティソー バトルロイヤル DVD。なお、エマ・ワトソン主演の「美女と野獣」が世界興収10億ドルを超えるヒットを記録したいま、米ウォルト・ディズニー・スタジオはますます過去のアニメ映画の実写映画化を進めており、「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督による「ライオンキング」と、ティム・バートン監督による「ダンボ」、ガイ・リッチー監督による「アラジン」が2019年に公開される予定だ。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 16:41Comments(0)

2017年11月15日

マイケル・B・ジョーダンが監督デビュー

「フルートベール駅で」「クリード チャンプを継ぐ男」の俳優マイケル・B・ジョーダンが、長編初メガホンをとることがわかった。
ウルフオブウォー2 DVD

米Deadlineによれば、ジョーダン初監督作「The Stars Beneath Our Feet(原題)」は、今年9月に出版されたデビッド・バークレー・ムーア著の同名デビュー小説を映画化する企画アトミックブロンド DVD。原作は、ニューヨーク・ハーレムを舞台に、ギャングによる銃撃戦で兄を亡くしたアフリカ系アメリカ人の12歳の少年が、クリスマスに贈られたレゴに夢中になり、想像力を羽ばたかせることで、辛く危険な現実を乗り越え正しく生きようとする物語だという。
ドリーム DVD

ジョーダンは、「フルートベール駅で」「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラー監督と再び組むマーベル新作「ブラックパンサー」が、2018年2月16日から全米公開、3月1日から日本公開されるジグソウ ソウレガシー DVD。また、シルベスター・スタローンが監督する「クリード」続編にも、再び主演することが決まっている。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 16:01Comments(0)

2017年11月09日

エヴァン・レイチェル・ウッド、『ウエストワールド』シーズン2の放送時期を明かす

2016年10月の放送開始とともに瞬く間に話題を呼び第69回エミー賞で5部門にノミネートされた、人気クリエイター、J・J・エイブラムス製作のSFドラマ『ウエストワールド』ブル 法廷を操る男 DVD。昨年11月にシーズン2更新が決定したものの放送開始の時期については言及されていなかったが、来年春スタートということで目処が立ったようだ。英Digital Spyが伝えた。

この朗報を伝えたのは、同作でドロレスを演じるエヴァン・レイチェル・ウッドアトランタ DVD。ツイッターに寄せられたファンからの質問に答える形で、「2018年の春」と明かしている。

放送局の米HBOとしては、『ゲーム・オブ・スローンズ』のファイナルシーズンとなる第八章の放送時期が2019年にずれ込む見込みのため、2018年に『ウエストワールド』を放送して視聴者を惹きつけておきたいところなのだろう。

もともとは2015年放送予定だったものの、2016年1月には撮影が中断するなどシーズン1の制作時からスケジュールが遅れがちだった本作マインドハンター DVD。それについて、アシュリーを演じるルーク・ヘムズワース(弟は、『アベンジャーズ』のソー役で知られるクリス・ヘムズワース)は以前、「みんないいものを作ろうと頑張っている。ドラマをこれまで見てきたようなものにはしたくないんだ。(製作陣は)最初から最後まで明確な計画を持って進みたいと考えている。少なくとも下図を用意しておきたいんだよ」と、製作に並々ならぬこだわりを持っているがゆえに時間が必要なのだと説明していた。

『ウエストワールド』といえば、先日ゲスト出演のザーン・マクラーノン(『FARGO/ファーゴ2』)がケガをしてしまい、その現場離脱に伴い製作も一時中断する事態となったが、HBOの広報によれば「ザーンは自宅で負傷し、水曜(11月1日)夜に入院しましたアトランタ DVD。彼は回復しており、現場に戻ることを楽しみにしています。『ウエストワールド』は来週には撮影を再開します」と、大事には至らず早々に復帰できるようだ。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 18:07Comments(0)

2017年11月07日

トミー・リー・ジョーンズが重視した“人間味”と東京国際映画祭への提言

記念すべき30回目の東京国際映画祭は、トルコの巨匠セミフ・カプランオール監督の近未来SF「グレイン」が最高賞の東京グランプリに輝き、閉幕を迎えた。コンペティション部門の審査委員長を務めた米俳優で映画監督のトミー・リー・ジョーンズが10日間を振り返った。
ドリーム DVD

東京グランプリ受賞作「グレイン」は、近未来を舞台に、移民の侵入を防ぐ磁気壁に囲まれた都市に住む種子遺伝学者が、人類の危機を救うため、遺伝子改良に関する重要な論文を執筆中に姿を消した同僚研究者を探す旅をモノクロで描いたアトミックブロンド DVD。ジョーンズは本作について「てのひらに置かれた穀物(グレイン)以上に人間味のあるものはないのではないだろうか」と評し、「古代の神話的な物語が現代に非常に密接な形で表現できている部分が魅力的だった」と感想を述べた。

コンペティション部門15作品の中でもっとも大きなテーマ性をもった作品と言えるが、「テーマの大小は検討しなかった。映画のテーマという尺度を図る定規はない」と断言。開幕時の審査員会見で表明した「政治的意図はないマイティソー バトルロイヤル DVD。人間の知的、感情的な人生の送り方など、そういったことに共通する“人間味の要素”を見ていく」との審査の方向性を貫いたと言える。

オスカー俳優のジョーンズの目にも、最優秀男優賞を受賞した中国のスター俳優ドアン・イーホン(「迫り来る嵐」)、最優秀女優賞に輝いた新星アデリーヌ・デルミ(「マリリンヌ」)は「とてもいい役者」と映ったジグソウ DVD。「役者は物語の序盤、中盤、終盤としっかり物語を抱えて伝えていかなければならない。どの時点でも、登場人物が物語のなかに存在していること、キャラクターに課せられた役割を果たしていること、役者が登場人物を演じることで物語を運んでいることが大切だ」と評価のポイントを語る。

審査は「各作品の上映後、10〜15分ほど時間を設け意見交換」を行い、日を重ねるにつれ作品ごとの比較も行ったという。「作品によって、とても気にいった人もいれば、好きになれなかった人も出てくる。そこで感想を話し合うことで、いろいろな思いをめぐらせ、新しい考えが出てきたりする」と、話し合いの過程で意見を集約したようだ。受賞作以外の評価については、「ある人がほかの人よりも推していた作品があったのは事実だが、話し合いの詳細を公表するのは差し控えておく」と言うにとどめた。

本年のコンペティション部門には、88の国と地域から1538作品が応募され、日本映画「勝手にふるえてろ」「最低。」の2作を含む全15作品が選出。ジョーンズは「それぞれが異なり、共通する概念などはなかった」と、部門全体としての傾向や一貫性を否定。「どの映画にもかならず欠点はある。完璧な人間がいないように、完璧な映画もない」と持論を展開した。

30回という節目を迎えた東京国際映画祭を「多様性という価値をもった立派な映画祭」と評するとともに、今後の成功と発展を祈念。しかし、他の映画祭にも共通する唯一の難点として、デジタル高画質/ブルーレイでの上映方式を挙げた。「監督の意図が忠実に表現できているのか、とくに色味や光の有無の部分で疑問に感じる。運営側はその点を考慮してほしい」と映画監督ならではの視点で指摘。「決して辛辣な批判ではない。ただ、フィルムメーカーが生み出そうとしている映画と、上映技師が壁に映し出そうとする映画の間には差異がありうるので、すべての映画祭でこの違いに敏感になってほしい」と提言した。なお、世界で唯一満足したのはカンヌ国際映画祭だそうだ。

マレーシア映画「アケラット ロヒンギャの祈り」に最優秀監督賞(エドモンド・ヨウ監督)、中国映画「迫り来る嵐」に最優秀男優賞(ドアン・イーホン)と最優秀芸術貢献賞(ドン・ユエ監督)を授与する結果となり、「アジアのパワーを感じたか?」という問いに、「特には。私にとって日本は外国ではないからね」と、親日ひいてはアジアへの親近感をアピールしたジョーンズ。次回は監督作を引っさげて東京国際映画祭へとの声に「イエス」と力強く答えた。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 17:45Comments(0)

2017年11月06日

映画『フォー・ウェディング』Huluでアンソロジーシリーズとして、リメイク製作

1994年の大ヒット・ロマンティックコメディ映画『フォー・ウェディング』のリメイクが米Huluで製作されることが明らかになったマイティソー DVD。米Hollywood Reporterらが報じている。

映画『フォー・ウェディング』は、ヒュー・グラント(『パディントン2』)とアンディ・マクダウェル(『恋はデジャ・ブ』)が主演、結婚を題材にしたそれぞれのキャラクターの思いと人生が見事に描かれ、大ヒットとなった作品。
アトミックブロンド DVD

本作では、オリジナルの映画版と同じように、5つの出来事を通じて、複数の友人たちの人生が交差する姿が描かれるドリーム DVD。それぞれのシーズンで、異なる続き物のストーリーが展開する予定だ。

脚本を手掛けるのは、人気オフィスコメディドラマ『ザ・オフィス』でケリー役を演じ、人気の医療恋愛コメディドラマ『The Mindy Project(原題)』でクリエイターと主演を務めているミンディ・カリング。ミンディと共に脚本を手掛けるマット・ウォーバートン(『コミ・カレ!!』)は、彼女と共に製作総指揮として参加するウルフオブウォー2 DVD。製作チームには、映画版の脚本家でクリエイターのリチャード・カーティス(『ミスター・ビーン』)とジョナサン・プリンス(『プレイグ』)、ティム・ビーヴァン(『ジプシー』)そしてエリック・フェルナー(『リリーのすべて』)らも名を連ねる。

ミンディ主演の『The Mindy Project』シーズン6は、11月14日(火)にシーズン最終話が放送される。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 15:00Comments(0)

2017年11月01日

『クリミナル・マインド』マシュー・グレイ・ギュブラー主演『68キル』、2018年1月6日(土)公開

米テキサス州オースティンで行われる映画・音楽・マルチメディアの複合的な大規模フェスティバルSXSW。本年度の映画部門で観客賞を受賞した新感覚アクション・スリラー『68キル』が2018年1月6日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われる「未体験ゾーンの映画たち2018」にて、初日上映されることが決定した。
ローズウッド DVD

気弱で女好きの配管工チップは、美人なガールフレンドのリザに頼まれると嫌とは言えない。彼はリザから、知り合いの金持ちが金庫に隠している6万8000ドルを盗みに行こうと誘われ、渋々同行するクワンティコ シーズン2 DVD。しかし、留守なはずの家主は家にいて、犯行はあっさり失敗。逆上したリザは家主を惨殺してしまう。二人は金を奪って逃走を計ろうとするが、邸内にはもう一人不運な目撃者がいた...というストーリー。

監督、脚本を務めたのは、『悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル』で脚本家デビューを果たし、脚本を手掛けた『ザ・スリル』が高い評価を受けたトレント・ハーガシグナル 時空を超えた捜査線 DVD。主役のチップには、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のドクター・スペンサー・リード役で知られるマシュー・グレイ・ギュブラー。またチップの人生を翻弄する美女たちに『新ビバリーヒルズ青春白書』のアナリン・マコード、『13の理由』のアリーシャ・ボー、『24:レガシー』のシェイラ・ヴァンドらが顔を揃える。
マインドハンター DVD

初期のクエンティン・タランティーノ作品を思わせる、ぶっ飛んだ爽快さと意表を突く展開、愛と裏切りとバイオレンスが満載のジェットコースター・ムービー『68キル』は、2018年1月6日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 16:54Comments(0)