heyheyhのブログ

2018年02月28日

チョ・ジェヒョン、『クロス』出演料100%受け取って2話分返す

「全て成すがままに」と言った俳優チョ・ジェヒョンが、出演料も返す。

27日、ドラマの関係者は、「チョ・ジェヒョンがtvNの『韓国ドラマ クロス DVD』の出演料を100%受け取ったが、突然の降板で出演しないことになった2話分の出演料を返した」と、発表した。
理判事判 DVD

チョ・ジェヒョンは、初めの『クロス』のシナリオでは第14話で死を迎える予定だった韓国ドラマ Mother DVD。 しかし、彼のセクハラ疑惑が湧きあがり、「全て成すがままに」と、謝罪したことにより、『クロス』の台本修正が不可避だった。 結局第14話ではなく、第12話で死を迎えることに修正された。 
バッドガイズ2 DVD

そのため、出演料の100%を既に受け取っていたチョ・ジェヒョンは、2話分の出演料を返さなければならない状況に置かれた。 ドラマの関係者は、「チョ・ジェヒョンが2話分の出演料を返すと言っている」とし、「現在チョ・ジェヒョンは、第12話までの撮影を終えた」と、伝えた。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 12:15Comments(0)

2018年02月27日

「15時17分、パリ行き」の“本人”たち、自分自身を演じてほしかった俳優とは?

2015年に起こったタリス銃乱射事件を題材にしたクリント・イーストウッド監督の最新作「15時17分、パリ行き」で、自分たち自身を演じた事件の当事者3人が、作品の舞台裏を語った。

554人の乗客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリス車内で、武装したイスラム過激派の男が自動小銃を発砲グレイテストショーマン DVD。たまたま乗り合わせていた幼なじみの若者3人が、テロリストに立ち向かっていく。

事件当時学生だったアンソニー・サドラー、元米空軍上等空兵のスペンサー・ストーン、元オレゴン州州兵のアレク・スカラトスの3人は、テロリストに勇敢に立ち向かい、一夜にしてヒーローとなった空海 DVD。映画では3人の半生がひも解かれ、それぞれが数奇な運命に導かれて、テロと対じするさまが描かれる。なんともドラマティックな人生を歩んだ3人だが、自分たちの体験をまとめた本をイーストウッド監督が映画化するとは、さすがに予想していなかっただろう。

イーストウッドから電話を受けたというストーンは「間違いなく驚いたよ(笑)」と回想しつつ、「正直言ってものすごくホッとした」とも。「彼なら僕たちのストーリーの良さをちゃんと表現して、正しく映画にしてくれることがわかっていたから君の名前で僕を呼んで DVD。あまりドラマティックにしすぎることなくね。始めるに当たって僕らは彼に深い信頼を持っていたし、それが何よりもエキサイティングなことだったよ」(ストーン)。

もし映画化されるとしたら、ザック・エフロン、クリス・ヘムズワース、マイケル・B・ジョーダンに出演してほしいと願っていたという3人だが、本作で自分自身を演じたことで「映画化のプロセス全体を通して、クリント(・イーストウッド)は僕らの師となり、前進する勇気を与えてくれた」(サドラー)、「僕らは少なくとも、俳優をやってみたいと思っているよデトロイト DVD。新しい経験だったしとても楽しかった。俳優に挑戦することが僕らをどこに導くかを見てみたい」(スカラトス)と役者業へも意欲十分。

さらに、ストーンは事件に遭遇した立場から、「自分の中にある不安と向き合うことができた。僕は事件発生時に立ち戻り、自分自身を演じた。映画という形で多くの人たちが永遠に目にするであろうものを、俳優として拾い上げ選んだ。この経験から、事件の恐怖を忘れておびえることなく過ごすことを学んだよ」と本作に出演した“効能”を語る。

映画では、3人がこれまで蓄積した経験や知識が、テロリストと遭遇した際に実を結び、自衛、あるいは他者を救う助けとなっていく。ストーンは、「もし誰かが今、あまりハッピーに感じられない場所にいたとしても、少なくとも今やっていることを形にすることはできる。『大小に関わらず、今自分がやっていることはいずれ何かのためになる。無駄になんかならない』と信じることでね。何が起きるか、スキルや経験がいつ必要になるかは決してわからないんだ」と呼びかける。

一方サドラーは、「観客には、僕たちが3人の普通の男たちであると伝わるように期待している。自分たちの中に何か特別なものを持っているのは僕らだけじゃない。人々が、僕ら全員もしくは誰か1人に自分を重ねて、その中に彼ら自身を見つけてもらえるといいね。それとまた、僕らがしたことからインスピレーションを得て、自分たちの人生の障害を乗り越え、自分たちにも特別なことができると知ってもらえることを期待している」と観客にメッセージを送った。

「15時17分、パリ行き」は、3月1日から全国公開。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 14:32Comments(0)

2018年02月26日

衣装デザイナー組合賞は「アイ、トーニャ」「シェイプ・オブ・ウォーター」

米衣装デザイナー組合(CDG)が主催する第20回CDG賞授賞式が行われ、「シェイプ・オブ・ウォーター」(ギレルモ・デル・トロ監督)、「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」(クレイグ・ギレスピー監督)、「ワンダーウーマン」(パティ・ジェンキンス監督)などが受賞した。
君の名前で僕を呼んで DVD

同組合に所属する衣装デザイナーの投票によって決まる同賞は、現代劇、時代劇、SF/ファンタジーと3部門に分かれているのが特徴グレイテストショーマン DVD。現代劇では「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」(ジェニファー・ジョンソン)、時代劇は冷戦時代を舞台にした「シェイプ・オブ・ウォーター」(ルイス・セケイラ)、SF/ファンタジーではDC映画「ワンダーウーマン」(リンダ・ヘミング)が受賞した。
デトロイト DVD

テレビドラマでは「The Handmaid’s Tale(原題)」(アン・クラブトゥリー)、時代劇「ザ・クラウン」(ジェーン・ペトリ)、SF/ファンタジー「ゲーム・オブ・スローンズ」(ミシェル・クラプトン)が栄冠を手にしている。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 16:17Comments(0)

2018年02月24日

アカデミー賞、久々の日本人受賞なるか?これまでの受賞実績を復習

約1週間後に迫った第90回アカデミー賞授賞式。今年は、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の日本人特殊メイクアップアーティスト・辻一弘氏がメイクアップ&ヘアスタイリング部門、桑畑かほる監督が共同監督を務めた「Negative Space(原題)」が短編アニメーション賞にノミネートされている。久々の快挙に期待が高まる中、これまでの日本人・日本作品の受賞の歴史を振り返る。

日本作品で初めてオスカーを受賞したのは、黒澤明監督作「羅生門」(50)グレイテストショーマン DVD。第24回のことで、当時は外国語映画賞がなく、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーの理事会の投票で名誉外国語映画賞に選出された。一般会員の投票により選ばれた最初の日本人受賞者は、「地獄門」(53)の和田三造氏で、第27回の衣装デザイン(カラー)賞を獲得。同作は、名誉外国語映画賞にも選らばれた。

花形の俳優部門では、「サヨナラ」(57)のミヨシ梅木が助演女優賞に輝いたのが、日本人、ひいてはアジア人で初。その後、ワダエミや石岡瑛子(衣装デザイン賞)、坂本龍一(作曲賞)らがオスカー像を手にした。宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(01)が長編アニメーションに輝いたのも忘れてはならない。近年では2009年の第81回で、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞、加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞とダブル受賞を果たした。

直近では、14年11月に宮崎駿監督が名誉賞を受賞。「アニメーションの芸術的才能で、世界中のフィルムメーカーたちと観客の想像力を刺激したストリーテラーの巨匠」として表彰されたデトロイト DVD。日本人の名誉賞受賞は90年の黒澤明監督に次いで2度目だ。なお、理事会が選出する特別賞・名誉賞は、09年からガバナーズ賞として毎年2月のアカデミー賞授賞式に先駆けて開催されるようになった。その他、映画芸術科学アカデミー主催の賞には、科学技術賞がある。同賞では、ソニーやキヤノンといった日本企業や日本の技術者が多数受賞を果たしている。

今年ノミネートされた辻氏は、「もしも昨日が選べたら」(06)と「マッド・ファット・ワイフ」(07)でメイクアップ部門にノミネートされており、今回が3度目のノミネートダークタワー DVD。12年に現代アートの世界へ転向し彫刻家として活躍しているが、主演のゲイリー・オールドマン直々の熱烈オファーで本作に参加。これまでの水準をはるかに超えた完成度の高さに、レオナルド・ディカプリオやクリスチャン・ベールらも辻氏とのコラボを希望しているという。

一方、初ノミネートの桑畑監督は、アメリカ出身の夫マックス・ポーター監督とともに米ボルティモアを拠点に活動。これまで、テレビコマーシャルやミュージックビデオ、インディペンデント映画などを制作してきた。君の名前で僕を呼んで DVD「Negative Space(原題)」は、5分半のストップモーションアニメ。ロン・コーティの同名の詩をもとに、父親が息子にスーツケースの荷造りの方法を教える様子から親子の絆を描き出した。

久々の日本人の受賞に期待がかかる第90回アカデミー賞授賞式は、3月4日(現地時間)に米ハリウッドのドルビー・シアターで開催。日本では、3月5日午前8時30分からWOWOWで生中継される。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 15:50Comments(0)

2018年02月22日

地味男マット・デイモンが“パリピ”デビュー?「ダウンサイズ」本編映像

 「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」でアカデミー賞脚色賞を受賞したアレクサンダー・ペイン監督が、マット・デイモンと組んだ「ダウンサイズ」の新たな本編映像が公開された君の名前で僕を呼んで DVD。デイモン扮する主人公とオスカー俳優クリストフ・ワルツ演じる謎の男の対面シーンとなる。

経済的に豊かな生活を送りたいと願う平凡な男ポール(デイモン)が、妻と共に人類を14分の1に縮小する“ダウンサイズ”計画に参加し、予想外の出来事に巻き込まれていくなかで、“本当の幸せとは何か”という問いと向き合っていく。
グレイテストショーマン DVD

隣人であるドゥシャン(ワルツ)のホームパーティに誘われたポールは、大勢集まった個性的な客人を見て驚きを隠せない。さらに、素性のしれないドゥシャンが「小さな集まりの予定が、電話を数本かけたらこんなに来ちゃってね」と大物ぶりを漂わせ、ポールをますます困惑させる。劇中ではこののち、平凡な男だったポールがパーティで羽目を外し、新たな自分を発見する姿が描かれる。くだんのシーンは、その予兆となるものだデトロイト DVD。また、実寸大のバラが両手で抱えなければならないサイズになるなど、13センチの世界がどのようなものか、わかりやすく明示されている。

「おとなのけんか」「ジャンゴ 繋がれざる者」「ビッグ・アイズ」「007 スペクター」など、話題作に次々と出演してきたワルツがユーモラスな演技を披露し、エキセントリックなドゥシャンのキャラクターに現実味を与えている。ワルツは、「ドゥシャンという男は魅力的で、ある意味で師のような存在だ」と評し、「脚本を読んでこの役へのアイデアを持ち、アレクサンダー・ペイン監督と一緒に話し合ったんだダークタワー DVD。監督は今作の脚本も担当してこのキャラクターを作り出した人で、全く違う考えを持っていたから、言うなればすり合わせのような時期があった。本当に啓蒙的で、役作りを深められるプロセスだったよ」と役作りについて明かす。

ワルツの芝居を受け止めたデイモンは、「ドゥシャンがポールの目を世界に広げてくれるんだ。ドゥシャンの奇想天外さ、次に何をやるか予想できない、という性格がこの役を面白くしているよね。クリストフ(・ワルツ)は史上最高の俳優の1人で、素晴らしい役者のための素晴らしい役だ」とたたえている。

「ダウンサイズ」は、3月2日から全国公開。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 16:30Comments(0)

2018年02月12日

『トドメの接吻』菅田将暉の言葉が意味するものとは? 山崎賢人の怒りの先にある真実

2月11日放送の『トドメの接吻 DVD』(日本テレビ系)第6話では、少しずつ明らかになっていく12年前の真相を巡って、山崎賢人演じる堂島旺太郎のいままで見せてこなかった感情的な姿が印象深かった。

 尊氏(新田真剣佑)を潰す鍵を手に入れるべく、ひとり香港へと繰り出す旺太郎。彼は長谷部寛之(佐野勇斗)にビデオテープのコピーを探せと協力を要請。クルーズ船の運営会社の社長である長谷部の父が、尊氏の罪のもみ消しに加担したのだという。

 旺太郎は「お前の今の幸せは、俺の犠牲の上に成り立っている」と脅しをかけ、渋々承諾した長谷部は「父さんに迷惑をかけるなよ」と意見する僕だけがいない街 DVD。自身の目的のためには手段を選ばない旺太郎だが、これまでいかなる状況でも冷静に判断し、“挽回”するための言葉を選び、行動を起こしてきた。しかし、罪を着せられた父のせいで旺太郎の運命は決定づけられてきた。旺太郎は長谷部に「命令するのは俺だ!」と激しい怒りの感情を見せる。父に罪を着せた側の人間の息子がぬくぬくと生きてきたと思うと、やはり冷静にはいられないのだろう。

 その激しい怒りの感情は、宰子(門脇麦)との会話の中でも爆発する。宰子は12年前に遭ったクルーズ船の事故で、自分を助けてくれた幼い兄弟が亡くなってしまったことに心を痛めて以来、「光太」と書かれた小さな靴を大切にしてきた温泉若おかみの殺人推理 DVD。旺太郎の弟・光太が、あの日履いていたものである。この靴をきっかけに両者とも合点がいき、2人の瞳は潤みはじめる。

 彼女にしてみれば、死んだものと思っていた人が今目の前にいるのである。宰子にとっては喜びの涙であり、旺太郎にとっては悲しみと怒りの涙だブランケットキャッツ DVD。「良かった」と口にする宰子だが、彼は「生きている方がよっぽど辛かったよ」と、生きるために必死だった過去を回想する。「お前を助けたばっかりに……」、さらに「(お前は)光太の命で生きている。お前が俺に何ができる……償え」とたたみかける。こうして2人の間には、主従関係が生まれた。

 「何度も同じ時間を繰り返していると、もとの出来事が反発して自分に降りかかってくる」という春海一徳(菅田将暉)の言葉。そして暗躍する尊氏を前に、ついに倒れる旺太郎。次週は旺太郎のために宰子が奮闘するようである。果たして旺太郎の運命やいかに。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 16:12Comments(0)

2018年02月11日

菅田将暉、観る者聴く者を魅了する演技の凄み 『トドメの接吻』春海役で物語の鍵握る

日曜ドラマ『トドメの接吻 DVD』(日本テレビ)第6話の放送を前に、菅田将暉が歌う主題歌『さよならエレジー』のMVが話題になっている。本作に謎のストリートミュージシャン春海一徳役として、主人公であるホストのエイトこと堂島旺太郎(山崎賢人)に重要なシーンで意味深なアドバイスを残し、存在感を放つ菅田将暉。俳優としての実力を見せつけるだけでなく、音楽活動の幅も広げ、今作主題歌は以前から交友があった石崎ひゅーいが作詞作曲を担当、MVには菅田本人と山崎賢人が出演している温泉若おかみの殺人推理 DVD。ドラマの世界観をそのまま投影しているが、MVに映る彼らの表情はひたすら美しく、とても切ない。

『トドメの接吻』というタイトルそのまま、主人公の山崎賢人演じる旺太郎がキスをした相手を殺してしまう能力(?)を持った宰子(門脇麦)にキスをされて死ぬという度肝を抜く設定の本作僕だけがいない街 DVD。キスをされると男は死ぬのだが、その7日前に遡り生き返ってタイムリープする。そこに12年前に旺太郎の父が船長を努めていたクルーズ船事故の謎が絡み、1つの謎が解けると新たな謎が生まれる展開の読めない物語となっている。

 旺太郎には、海難事故で弟を助けられなかったというつらい過去があり、その事件がきっかけでカネと権力を追い求める男になったのだが、キスで殺す女・宰子の出現により死のループを利用して個人資産100億円の社長令嬢の美尊(新木優子)を落とそうとしている。みをつくし料理帖 DVDじつは宰子も、100億の女・美尊も、12年前事故に遭ったクルーズ船に乗っていて、その過去も含めすべての謎を解く鍵を握るのが菅田演じるストリートミュージシャンの春海なのだ。

 春海が旺太郎の住む街にやってきたのは偶然ではなく、彼らの過去の秘密も知っているような、どこか達観した存在だ。ストリートミュージシャンの彼は酔っぱらいや集まってきた人たちを前に歌っている。その歌も「帰って来たヨッパライ」「はじめてのチュウ」など、物語の核心を突くような選曲で気になる。当然、彼が歌う主題歌もドラマの世界と地続きとなっていて、観る者聴く者の心に響く。

 旬の若手俳優としての勢いを感じさせながらも、既存の枠を超えた寛容性と軽やかさを併せ持つのが菅田将暉の魅力であり、髪型を変えるように変幻自在にイメージを変えられる彼の凄みを本作では味わえるのだ。ただ達観しているだけでなく、飄々としたなかにもチャーミングで、どこか寂しげで、複雑な表情を見せてくれる。

 物語は主人公の旺太郎と美尊との関係が動くことによって周囲に強い影響が出始めてきた。登場人物それぞれに変化があり、今後の展開がますます気になる第6話だが、菅田将暉の独特の存在感や主題歌にも注目していきたい。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 16:37Comments(0)

2018年02月09日

山崎賢人、香港へ! 見どころは怒鳴られシーン!?「トドメの接吻」

山崎賢人が愛が歪んだ“クズ”な主人公を演じるほか、門脇麦、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗、志尊淳ら注目の若手俳優陣が出演する話題のドラマ「トドメの接吻 DVD。この度、本作が香港で海外ロケを敢行したことが分かった。
本作は、孤高のホスト・堂島旺太郎(山崎さん)が、謎の“キス女”(門脇さん)によって何度も“死”と“時間”を繰り返す、ミステリアスなラブストーリー。第4話では、完璧紳士だと思われていた並樹尊氏(新田さん)が、実は12年前に旺太郎の父・旺(光石研)が犯人とされた豪華客船沈没事故の“真犯人”だと判明。温泉若おかみの殺人推理 DVDそれを知る養父・尊(山田明郷)を見殺しにするという衝撃的な展開を見せ、そして第5話では、残された事故の証拠をめぐり、いよいよ「旺太郎 vs 尊氏」の火蓋が切って落とされた!
ブランケットキャッツ DVD

そして、2月11日(日)放送の第6話では、父が香港にいるという情報を掴んだ旺太郎が、沈没事故の真相を究明するべく海を渡り、香港の海運会社を訪ねる。果たして香港で父に会うことができるのか?僕だけがいない街 DVD クルーズ船「プロメテウス」の沈没事故の真相は解明できるのか――?

今回海外ロケが行われたのは、香港のプロムナード。本作は香港をはじめ、カンボジア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイと6つの国と地域で同時放送されており、撮影では山崎さんの登場に驚く観光客の姿も。また撮影シーンの中には、旺太郎が香港の人から怒鳴られるシーンがあるそうで、監督からの熱血指導により現地の人の演技にも熱が入り、対する旺太郎のリアクションが見どころのひとつとなっているようだ。またラストでは、「トドメの接吻」始まって以来のビッグインパクトが起きる…!?  


Posted by 長谷川 めぐみ at 12:18Comments(0)

2018年02月08日

キム・スアン主演の明朗コメディ『運動会』、3月公開確定

子役俳優キム・スアン主演の明朗疾走コメディ映画『運動会(原題)』が、3月公開を確定した。
韓国映画 1987 DVD

片思いしている9歳の少女と家族の話を描いたコメディ映画『運動会』が、3月公開確定と共にメインポスターを7日、公開した。
1級機密 DVD

『運動会』は世の中で負けるのは一番嫌な9歳の少女スンヒ(キム・スアン)と、職場で解雇されたパパ、他の男に心を奪われたママ、なぜか父母連合活動中であるおじいちゃん、そして意欲だけがあふれる叔父さんまで、お互いに話せない秘密を抱いて戦々恐々として生きていく家族の孤軍奮闘記を描いた映画だ。
コンフィデンシャル DVD

愛も、お金儲けも、理念も、厳しい競争の中で生きていく現代社会の各世代皆が共感可能な話を愉快に描いた『運動会』は、全州(チョンジュ)国際映画祭、釜山(プサン)独立映画祭、釜山国際子供青少年映画祭、真珠のような映画祭に招待されて早くから注目をあびた。
それだけが私の世界 DVD

『新感染 ファイナル・エクスプレス』、『軍艦島』、『神と共に-罪と罰(原題)』で、3000万観客の動員俳優になった子役俳優キム・スアンの主演作で、キム・スアンと共に演劇と映画で堅実な演技を見せてきたヤン・ジウン、イ・ジョンビ、チェ・ヒョク、パク・チャニョンなどが出演する。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 14:11Comments(0)

2018年02月05日

「リターン」コ・ヒョンジョン&チョン・ウンチェ、ユン・ジョンフンが生きている事実を知る

SBS水木ドラマ「リターン」でコ・ヒョンジョンとチョン・ウンチェがユン・ジョンフンの病室にある写真を受け取った。

31日に韓国で放送された「リターン DVD」では、チェ・ジャへ(コ・ヒョンジョン)とクム・ナラ(チョン・ウンチェ)がソ・ジュニ(ユン・ジョンフン)が生きているという事実を知るようになった。

クム・ナラは事務所に置かれているカメラをチェ・ジャへに見せた恋する泥棒 DVD。カメラの中でソ・ジュニが病室に横たわっている姿が写っていた。

チェ・ジャへは「これを誰がどんな意図で送ったのか気になるけど」と言い、疑問を表した韓国ドラマ 麗 DVD。クム・ナラは「電源をつけるとすぐこの写真が出てきて。無我夢中だった」と話した。
トッケビ DVD

続いてチェ・ジャヘは、「ここに映像がもう一つあるけど?」と映像を発見し、二人はソ・ジュニの病室の窓の外で鳥が飛び回る映像を見た。  


Posted by 長谷川 めぐみ at 15:44Comments(0)